--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野源ですね

2017年04月09日 16:03



発売中の『ダ・ヴィンチ』5月号に新刊『彼女の色に届くまで』
インタビューが載っております。
星野源特集では星野源×米澤穂信の対談、さらにいくえみ綾特集という、
どっから集めてくるんだ的な豪華さですね。
写真の似鳥(おっさんの方)はなんか微妙にマッチョっぽく見えますが、
内容物はだいたい脂肪です。あしからず。





スポンサーサイト

青春ミステリの新刊です

2017年03月29日 15:36




10周年イヤー第一弾。
KADOKAWAさんより「アート」×「青春ミステリ」の新刊
『彼女の色に届くまで』が発売です。
本文中に実際の名作絵画が図版で挿入されており、
それがそのままトリックのヒントになる、という本格ミステリです。
第2章『極彩色を越えて』は第70回日本推理作家協会賞候補作。
(その時のタイトルは『鼠でも天才でもなく』)
「持っている人」と「それ以外の普通の人」の物語。
青春恋愛要素がこれまでで一番強いかも……?

登場人物
緑川礼(みどりかわ れい)
主人公。画廊の息子で画家志望の高校生。
家の仕事を手伝っている関係で、お茶を入れるのが上手。

千坂桜(ちさか さくら)
緑川の高校の「友人」で、絵画に天才的なセンスを持つ。
頭脳も非常に優秀で、画集を眺めているとトリックのヒントを思いつくようである。
無口で「何を考えているか分からない」と言われがちな上、
日常面ではいろいろと非常識。

風戸翔馬(かざと しょうま)
緑川の友人でボディビルダー。自分の肉体と筋肉が大好きで、主食はプロテイン。
基本的に何でも筋肉に関連付けて考える変人な上、
衣服の上から他人の筋肉を透視する能力を持っている。


ラストの衝撃もお楽しみに。
ちなみに、この本にも似鳥10周年キャンペーンの帯がついております。
この帯についている応募券の送り先はこちら。
他では手に入らない書き下ろし小冊子が当たります。





          













衝撃の短編です

2017年03月23日 13:34

ランティエリサイズ

似鳥です。
10周年キャンペーン応募先はこちらです。

さらに、現在発売中の角川春樹事務所PR雑誌『ランティエ』4月号にて、
新作短編「美しき余命」が掲載されています。
余命3ヶ月の優しい少年に訪れた奇跡の物語です。
これまでにない衝撃のお話。よろしくお願いいたします。




14歳のお知らせ

2017年02月02日 14:35



河出書房新社「14歳の世渡り術シリーズ」の
『101人が選ぶとっておきの言葉』に寄稿しました。
森絵都が円城塔が、壇蜜が横尾忠則が犬童一心が選ぶ、
力が湧いてくる言葉、気持ちを切り替える言葉……
私は『バガボンド』(井上雄彦/講談社)からいただきました。
よろしくお願いいたします。

10周年記念開始です

2016年12月09日 15:03

応募券

発売中の新刊『シャーロック・ホームズの十字架』の帯に、
画像のようなものがついています。

実は来年、デビュー10周年なのです。

そこで、10周年を記念して、出版社横断のキャンペーンをすることになりました。
画像はその応募券です。
まだ「何の応募券なのか」決まっていない、という変な状況ですが(まだ10周年じゃありませんし)、
この券をとっておいて、のちほど告知される何かに応募すると、
他では手に入らない作品関連の何かが手に入るかもしれません。
ふわっとしてますね……。

本を買ったら即、帯をとっちゃうタイプの方、お気をつけて。
……私もそうです。編集さんに泣かれます。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。