--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫版発売のお知らせともう1つ

2013年10月08日 21:28

河出文庫 戦力外捜査官 

河出書房新社より発売されていた『戦力外捜査官』が、このたび文庫化されました。
単行本時の紹介をここに転記。

『戦力外捜査官 姫デカ海月千波』今回は刑事ものです。
首都東京に迫る巨大犯罪の影。
挑むのは超絶ドジのお嬢様刑事とお守り役を押しつけられた若手刑事のコンビ。
この2人で本当に大丈夫なのか!?
刑事ものなので、お話の方もけっこう派手です。よろしくお願いします。

【主な登場人物】
[海月千波(うみづき ちなみ)]
警視庁捜査1課火災犯捜査2係所属。警部。
国家公務員試験経由で警視庁に来たキャリア。そのため20代前半で警部。
だが重度の方向音痴の上、運動神経が極めて鈍く、捜査能力は皆無。
そもそも身長がどうみても女性警察官の採用基準に達していないため、
なんで配属になったのかよく分からない人。
配属2日にして、捜査本部から異例の「戦力外通告」をされる。

[設楽恭介(したら きょうすけ)]
警視庁捜査1課火災犯捜査2係所属。巡査。
所轄での活躍を見込まれ、若くして捜査1課に抜擢された期待の星。
腕っぷしが強く、射撃でも警視庁大会での入賞歴あり。
ほっとくと何をしでかすか分からない海月警部のお守りを押しつけられる。
そのため、海月の道連れで捜査本部から異例の「戦力外通告」をされる。

[越前憲正(えちぜん のりまさ)]
警視庁刑事部長。警視監。
海月を捜査1課に連れてきた張本人。
切れ者とか変人とかいろいろ言われている警視庁の有名人。
ロマンスグレーの素敵な紳士だが、基本的に言動が軽く、何を考えているか分からない人。

[江藤蓮司(えとう れんじ)]
夜な夜な街で仲間とたむろしているチンピラ。
空手が得意で、ごつくてでかいがオタク。

[高宮(たかみや)]
警視庁捜査1課殺人犯捜査6係所属。巡査。
真面目で優秀な若手刑事で、精悍な印象を与えるイケメン。
糀谷の公園で発生した大学院生の殺人事件を担当するが……。


……と、それとは別にもう1つお知らせが。
この『戦力外捜査官』ですが、ドラマ化が決定いたしました。
役者さんが演じ、動く設楽や海月が見られます。
詳細情報はまた、逐一。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。