文庫版発売と単行本版あとがきのお知らせ

2017年07月25日 12:06

文庫版藍

角川文庫から『きみのために青く光る』が発売になりました。
単行本『青藍病治療マニュアル』を改題した文庫版です。
(※単行本版にはあとがきがなかったので、
たぶん単行本をお買い上げの方限定で読める感じのあとがきを、
こちらのページに書き下ろしました。)
望まない「能力」を得てしまった少年少女(あとお姉さん)たちの、
笑えて泣ける青春とか恋愛とかのお話です。


第1話「犬が光る」
「近くの動物に自分を攻撃させることができる」能力を得てしまった少年。
しかし好きになった人の家は動物病院。この力をなんとかしないと彼女に近づくこともできない!

第2話「この世界に二人だけ」
「念じるだけで動物を殺せる」能力を得てしまった少年。
能力で何まで殺せるのか試しているうちに、「世界を賭けた戦い」に身を投じることに。

第3話「年収の魔法使い」
「他人の年収(手取り)が見える」能力を得てしまった女性。
ある日、なんとなく鏡に向かってこの能力を使ってみたところ……。

第4話「嘘をつく。そして決して離さない」
子供の頃から「他人の胸に時折、青い光が見える」という少年と、幼馴染の少女。
ある日、少年はその光の正体を知り、そして……。


珍しく感動したり恋愛要素が強かったりしている話です。
どの話も予想外の展開で一気読み必至なので、ぜひどうぞ。





















スポンサーサイト


最新記事