久しぶりにシリーズ新刊です

2016年04月28日 16:57



前作から何年ぐらい経ったでしょうか。
創元推理文庫の市立高校シリーズ、最新刊が発売です。
既刊6冊はこちら。
今回は短編集です。

〈収録作品〉

『不正指令電磁的なんとか』
パソ研と映研が登場。サイン入りの契約書の内容が知らない間に変わってしまうという、
現実に起こったらおっかない謎のお話です。犯人の仕組んだトリックとは?

『的を外れる矢のごとく』
弓道場が登場。とくに高くもないしそこらへんで買えるはずの「的枠」を
犯人が盗んだのはなぜ? しかも容疑者には全員アリバイが!

『家庭用事件』
珍しく葉山の自宅の話です。
電気の使い過ぎでブレーカーが落ちただけと思いきや、どうもおかしい……?

『お届け先には不思議を添えて』
「放課後探偵団」収録の短編を加筆修正して再録。だいぶ分かりやすくなりました。
ゆうパックを送ったのに、送り先に荷物が届くまでにすり替わってしまうという怪奇現象。

『優しくないし健気でもない』
妹の友人から「何も取られていない」奇妙な引ったくり事件の捜査を依頼された葉山。
真相が見えた時、露わになるその動機とは……?
実はミステリ史上、前例のないトリックが用いられています。
推理力に自信のある方は是非挑戦してみてください。


以上5編。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitadorikei.blog90.fc2.com/tb.php/157-f1005fe4
この記事へのトラックバック


最新記事