そこらへんの超能力者

2013年07月16日 20:42

「超能力者」というのは一般に、存在しない、または極めてレアなものとされています。

DaiGo氏がやっているのは「メンタリズム」です。

Mr.マリックがやるのは「超魔術」です。

ユリ・ゲラーなんかは完全なるマジシャンであり、

本職のマジシャンからすれば二流・三流の腕しか持ち合わせていないそうです。

寂しい話です。

 

ですが、何も未来予知をしたりスプーンを曲げるだけが超能力ではありません。

能力の内容が地味なせいで見過ごされがちですが、

超能力者というのはわりと普通にそこらへんにいる、

もしくは気付いていないだけで自分自身が超能力者だったりするものです。

よくいるのは、以下のような超能力者です。

 

改札の守り人(ゲートブレイカー)

自動改札機を通る時、他の人と同じように切符をタッチさせても、

エラーを出して扉をばたんと閉めてしまうことができる能力者。

忙しい中駅員を呼んだり、人の流れを豪快に堰き止めたりすることができるが、

だいたい急いでいる時に限って能力が発動するため、

能力者本人は自らの能力を不快に思っていることが多い。

過去には近縁種として、入れた紙幣を券売機に認識させず、

何度でもベロベロっと吐き出させることができる「紙幣奪還者(ゲットバッカー)」という

能力者も多くいたが、最近では減少しており、

その原因はハウスダストから食生活の欧米化まで、様々に考えられている。

 

誤植発見者(タイポハンター)

本を読むとやたらと誤植を発見してしまう能力者。

不思議と誤植のある本に当たってしまう能力なのか、

誤植を発見する確率を上げる能力なのか、おそらくはその両方だろうと推測される。

校正者などの職業に応用できる能力であるが、

つい見つけてしまった誤植が気になってしまうため、

本を楽しむ上では、彼らは若干損をしている。

 

備品交換者(プアブラウニー)

なぜかそいつが使う時にばかり決まってトイレの紙が切れたり、

コピー機に入れてある用紙が空になる能力者。

「気付いた人がやる」ことで公平に割り振っていたはずの紙などの交換作業が、

結局みんなそいつの負担になってしまう。

彼らは制御しきれない自らの能力に苦痛を感じているが、

基本的にいい人が多く、大抵はぶつぶつ言いながら黙って交換している。

備品交換者の周囲には、紙を大量に使う「ズボラな人」が存在していることが多く、

備品交換者の能力を発現させているのはこいつなのではないか、という学説もある。

 

蟲の王(バギーロード)

主に蚊やブユといった吸血性の昆虫を自分の体に集めることができる能力者。

そのため、虫が多い空間ではそいつだけが真っ先に刺される。

統計的に基礎体温が高かったり、

新陳代謝が活発で炭酸ガスをよく出す体質の人間が多いが、

ABO式血液型とは関係がない。

その能力ゆえ、彼らは虫のいそうな藪や湖畔などを嫌うことが多い。

ちなみに、「何かを呼び集める能力者」には他に、

夜道をただ歩いているだけで警ら中の警察官を呼びよせ、

やたらと頻繁に職務質問をされる「警ら隊の王(ファジーロード)

焚き火をすると煙がそいつの方にばかり流れていく「煙の王(スモーキーロビンソン)等、

多くのバリエーションがいる。

 

犬猫支配者(ボーンオーナー)

他人が散歩させているイヌや他人の家のネコが初対面にもかかわらずやたらとなつき、

飼い主によると「知らない人にはしない」はずなのに、

この能力者にはやたらと抱きついてきたり腹を見せたりする。

これとは逆に、何もしていないのにイヌやネコの感情を逆撫でし、

ガルルウウゥゥゥとかシャーとか言われる「犬猫刺激者(イグナイター)という能力者もいる。

ちなみに「自民党の石破幹事長がテレビに映るとウチの猫がシャアァァァ!ってなる」

という話も報告されており、石破氏はかなり強力な犬猫刺激者なのであろうと推測される。

 

電撃使い(エレクトロマスター)

冬になると自らの体に向けて電撃を放てるようになる能力者。

ドアノブ、車のボディ、お店の商品棚等を触った時に能力を発揮し、

「パチッ」という音とともに痛みを覚える能力。

ひどいのになると「パチッ」が「バチッ」になり、暗い場所だと火花が見えるようになる。

彼らは強力すぎる自らの能力に苦痛を感じており、

ネックレスやブレスレットの形をした制御装置を装備し、能力を抑えていることもある。

最近では普通に「帯電体質」「静電気体質」と呼ばれている。

 

不良品摘発者(レモンコレクター)

パソコンでもプリンターでもミニコンポでも、

買った電化製品が通常ありえない確率で不良品になる能力者。

中には不良品を引いて量販店やメーカーに連絡し、

送ってもらった代替品がまた不良品である、というケースに出くわす能力者もいる。

また、パソコン教室などで、他人と同じ操作をしているのになぜかそいつだけ

言われた通りの画面が出ない奴、などもこの能力を持っていると推測される。

この能力を発現させる原因には諸説あり、

不良品摘発者たちは前出の「電撃使い」の能力も併せ持っており、

それがこの能力の発現に関係しているのでは、とする研究や、

機械音痴でありしばしば設計者が想定しない操作をするのでは、とする研究もある。

似た能力として、通常ありえない確率で乱丁・落丁本に遭遇する

「奇本蒐集家(ミッシングページ)があるが、

能力の原理は完全に別系統であり、奇本蒐集家の方はむしろ、

前述した誤植発見者の近縁ではないかと考える立場が、現在の学会では主流である。

 

 

ちなみに似鳥も、かなり弱いながら「不良品摘発者」で、かつ「電撃使い」でもあります。

超能力者としてはなかなかのレベルなのではないかと自負しております。

 

まあ現実には超能力なんて、あって困ることの方が多いものだと思いますが。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitadorikei.blog90.fc2.com/tb.php/87-c9a641af
この記事へのトラックバック


最新記事